ホーム  > 気になるニュース  > 「トライク」、道交法上はオート三輪

2011 .01 .21

「トライク」、道交法上はオート三輪

女子の視線も釘付けになる? 自動3輪トライクがカッコいい!(web R25)
「トライク」が人気になっているらしい。トライクとは、簡単にいえばオートバイを改造した三輪の乗り物のこと。もともと比較的裕福な年配層に愛好者が多かったのだが、最近その人気が20~30代にも拡大。昨年にはアッキーナもトライクに乗り始めたことをテレビで明かし、話題になった。
アッキーナは別にどうでもいいんだけど、見かけるたびに何でノーヘルでいいんだっけ? と忘れてしまうのでメモ。
じつは、トライクは道路運送車両法上はサイドカーに分類されるが、道交法上はオート三輪。つまり、普通免許での運転が可能で、ヘルメット着用の義務もない(前一輪後二輪の場合)。
自動車と同じ扱いだからノーヘルOKなのね。とはいえノーヘルOKなのは前輪ひとつ、後輪ふたつ構造の車両だけだなのだそうで。なんて微妙な。つかミゼットIIだって4輪になったのに、まだ「オート3輪」なんて区分が残ってるのか…。
「トライクの原型はハーレーダビッドソン社が1930年代に製造していたサービカーといわれています。荷物を積んだりアイスを売ったりしていた商業用車両です。その由来もあってか、人気が高いのはやはりハーレーをベースにしたトライクで、価格も高い。だから、従来は富裕層に愛好者が多かったんです」
スカイウェイブ(大型スクーター)のトライクなんて微妙過ぎるけどな…。

▼参考リンク
TRIKE JAPAN

« 「タウンマーケット」、宅配サービス終了 | ホーム | 医療用医薬品「ロキソニン」、市販へ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ