ホーム  > 気になるニュース  > マーケティング  > 「Webブランド調査」1位はヤフー、2位は楽天市場、3位はGoogle

2011 .01 .06

「Webブランド調査」1位はヤフー、2位は楽天市場、3位はGoogle

Webサイトのブランド力No.1はあのポータルサイト、第2位は楽天(マイコミジャーナル)
日経BPコンサルティングは1月5日、2010年10月に実施した「Webブランド調査2011-I」の結果を公表した。これによると、Webサイトの総合的なブランド力を示すWebブランド指数の第1位は118.2ポイントを獲得した「Yahoo! JAPAN」で、第2位は「楽天市場」だった。
ブランドってのは定義が難しいけど、継続的に調査して変化を見ることで分かってくることもあるもの。ということで独自の指標から得られたトップ10は以下。

順位サイト名WBIスコア
第1位Yahoo! JAPAN118.2
第2位楽天市場116.5
第3位Google96.9
第4位Amazon.co.jp92.0
第5位Yahoo!ニュース90.0
第6位Wikipedia88.3
第7位Googleマップ88.3
第8位価格.com84.4
第9位Yahoo!天気情報83.4
第10位Youtube81.5
トップ10にYahoo! JAPANのサービスが3つも入ってると違和感があるけど、「アクセス頻度」のウェイトも大きいかな。まあ詳細は買わないことには分からないか。
Yahoo! JAPANは、Webブランド指数を構成する6つの個別指数の中でコンバージョン指数のスコアを最も伸ばした。特に「会員登録、メールマガジンの購読」の得票率が上がっている。同サイトが好調な要因については、Tポイントを発行するカルチュア・コンビニエンス・クラブやファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイと業務提携を結んだことがさらなる会員獲得に繋がったと分析されている。
日本最大のポータルサイトといえど、提携先によってはまだまだ新規ユーザーを獲得できるという分析は興味深い。ヤフー自体はTVCMを打ってるわけじゃないしね。
インターネット専業企業を除く一般企業サイトでは、サントリー、郵便局、ヤマト運輸、日本コカ・コーラ、クックパッドが上位にランクインしている。
クックパッドが26位って意外と低い気がするんだけど、ところでクックパッドはネット専業じゃなかったっけ?

▼参考リンク
Webサイトのブランド力、スコア上昇第1位は、「トクー!トラベル」。Webブランド指数ランキングでは、“連携効果”で「Yahoo! JAPAN」が首位に。(日経BPコンサルティング)
「Webブランド調査」とは
企業や団体が運営する日本の主要800サイトについてインターネット・ユーザーが「アクセス頻度」「コンバージョン(会員登録や商品購入などサイト内で実際に行われた行動度合)」「波及効果(サイトを閲覧した結果、サイト以外で実際に行われた行動度合)」「サイト・ユーザビリティ」「サイト・ロイヤルティ」「態度変容(サイトを運営する企業・組織に対するロイヤルティ)」の6項目について評価するWebアンケート調査。サイトごとの調査結果を「Webブランド指数(WBI)」としてスコア化し800サイトを相対的に評価する。調査は3カ月ごとに実施、回答者は毎回40,000人を超え、Web評価調査としては日本最大規模である。

« 手書きフェルトペン風の無料フォント「たぬき油性マジック」 | ホーム | 個人向け国債、7月から利率を大幅引き上げ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

かたな:

私のネット感覚からすると
楽天以外すべて順位あってます。

楽天さんはほぼ使わないので、
(ごめんね)25位くらいなんだけどなー

ネットショッピングしないせいかもしれないけど・・・。

人それぞれで面白いですねぇ。ぼくは価格.comをほとんど見ないんですよね。

ユーザーにはサービス選択の自由があるわけですから、ネットショッピングも街中の買い物も都合や好みに応じて使い分ければいいと思いますよ。何でも全てがネットで済むわけじゃないですから。

ある意味では残念なんだけど、ネットのサービスって、あれば便利だけど、なくて絶対困るってのはまだまだ少ないものです。

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ