ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 「本物」は中国製

2010 .10 .18

「本物」は中国製

レスポートサック本物は中国製、米製はニセモノ(YOMIURI ONLINE)
女性に人気の米国ブランド「レスポートサック」の偽カバンを販売目的で所持したとして、堺市内の露天商の夫婦が京都府警上京署に商標法違反容疑で逮捕された。
一応はブランドとして名が通ってるものを露天で売ってる時点で怪しいのだけど…。
本物は中国で製造されており、タグは「メード・イン・チャイナ」。しかし、偽物の方は「メード・イン・USA」だったことが、事件発覚につながった。逮捕後、事実を知らされた夫婦は「本物が中国製だったなんて……」と、複雑な表情だったという。
モノによっては中国製がホンモノになる時代なんですよね。

身の回りを見渡しても「MADE IN CHINA」はゴロゴロしてる。「世界の工場」たる強大な生産力はホンモノを生み出すにも至ってる(モノによるけど)。

品質へのこだわりは大事だし個人的にも重要視してるけど、好き嫌いは別にして何事も移ろい行くもの。世の中の趨勢には目を向けておく必要がありますね。

▼参考リンク
lesportsac

« 「もしドラ」がNHKでアニメ化 | ホーム | 出産費用、全国平均は47万3,000円 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ