ホーム  > 気になるニュース  > 楽天  > 複数店舗の買い物が一括決済できる、「楽天24」オープン

2010 .10 .09

複数店舗の買い物が一括決済できる、「楽天24」オープン

楽天、複数店舗から購入した商品をまとめて翌日配送する「楽天24」(INTERNET Watch)
楽天株式会社は10月5日、新サービス「楽天24(らくてん トゥエンティーフォー)」の提供を開始したと発表。同日、日用品などリピート購入する商品を中心に、複数店舗から一括購入・一括配送が可能な専用サイト「楽天24」をオープンした。
サービス名の意味が分からん…。

【楽天市場】楽天24|くらしの人気アイテムをまとめてお届け


» 【楽天市場】楽天24|くらしの人気アイテムをまとめてお届け
「楽天24」で扱う商品はすべて翌日配送が可能で、複数店舗の商品をまとめて配送する。配送日時の指定もでき、送料は日本全国240円で、税込3900円以上の購入で送料無料となる。
まあサービス名の謎はともかく、これはアマゾン・フルフィルメントとガチンコの様相ですな。

» 【フルフィルメント by Amazon】在庫の保管・出荷業務委託サービス

楽天市場は検索のゴミっぷりがほとほとイヤになるんだけど、それも多くのお店が出店しているが故。同じ商品でも複数のお店で扱っていて、お店ごとに値段が違うのも楽天は売場を提供してるだけの百貨店型のジネスモデル故。たくさんのお店が個別に運営してるからお店ごとに送料がかかるのがネックなんですよね。

その点、「楽天24」はひとつのお店として買い物ができるので送料も1回分で済む。これはすばらしい。
楽天市場に出店している店舗の受注・決済・カスタマーサービス業務を、楽天が代行するため、 サービス開始にあたり楽天では「楽天24」の取扱商品を管理する専用の物流センターを設けた。商品を一括管理し、複数店舗の商品を同梱して配送できる仕組みを構築したことで、「低コストでスピーディーな配送サービスが提供可能となった」としている。配送業務はクロネコヤマトを中心に展開する。
まあ日用品にはそんなに用がないけど、ラインナップを広げていってくれれば嬉しいな。そしたらかなり使いでがある。

とはいえ検索が価格でしか絞り込めなかったり、ラインナップがえらくしょぼい状態でのオープンなので機能と在庫の拡充が急務でしょう。
なお、競合となるAmazon.co.jpでは、Amazon.co.jpが販売する商品は現在通常配送料無料となっているが、Amazon.co.jp 配送センターから出荷される商品を除き、出品者の店舗および個人から商品を購入する場合には、1点ごとに送料がかかる。ホーム&キッチン、文房具・オフィス用品などは送料が1点450円で、さらに1kgあたり50円の重量加算があるため、洗剤やコピー用紙などについては、「楽天24」の方が送料がかなり安く上がることになる。
相当な商品がアマゾン直轄の商品と同梱できるので、現時点ではまだまだアマゾンにアドバンテージがありますね。

場所貸しのモールビジネスとは全く異なるコンセプトなのでまだノウハウも少ないでしょうが、がんばっていただきたいものです。

▼関連記事
楽天、複数の店舗から一括購入可能な新サービス「楽天24」をスタート(マイコミジャーナル)
現在、楽天24に参加する店舗は以下の12店舗。
  • 飲物屋
  • キラット
  • 激安 ディスカウントワン
  • 香水通販B-CAT.COM
  • 爽快ドラッグ
  • ペッツビレッジクロス
  • エレコムダイレクトショップ
  • グルメコーヒー豆専門! 加藤珈琲店
  • ケンコーコム
  • CosmeSpot コスメスポット
  • Nailyasan~ネイル&キラキラ小物
  • fam楽天市場店
商品カテゴリ、参加店舗数ともに、今後、随時増やしていく方針としている。

« カーブミラーのお値段は… | ホーム | 牧場の牛乳がやたらと濃くて美味しい理由 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ