ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > Six Apart買収されるも、日本法人の社名・事業は継続

2010 .09 .22

Six Apart買収されるも、日本法人の社名・事業は継続

Six Apartを米広告企業が買収 新会社「SAY Media」に 日本法人は社名変更せず、MT開発継続(ITmedia News)
アドネットワーク運営の米VideoEggは9月22日、米Six Apartを買収し、両社が合併した新会社「SAY Media」を設立すると発表した。日本法人のシックス・アパートは社名変更せず、Movable Typeなどの開発・販売を継続する。
昼間TechCrunch JAPANの記事を見て驚いた。まあMovable Typeはどんどん企業ユースの方向に向かっていたし、買収は必然だったのかも知れない。

現行のMovable Typeは広告ネットワークのプラットフォームに向いてるものね。
新会社は、、VideoEggのアドネットワーク技術とSix Apartのソーシャルパブリッシングプラットフォームを組み合わせ、対話型・双方向な広告キャンペーンの展開を支援。世界3億4500万人にリーチが可能で、ブログでは1位、会話型メディアではFacebookに次ぐ2位のオーディエンスを抱えるのが強みだとしている。
気になるのはシックス・アパート日本法人の処遇だけど、当面は変更なしとのこと。
日本法人は新会社の100%子会社になるが、社名は当面、変更の予定はないとしている。Movable Typeの開発は2009年から日本法人が主体となり、日米欧のユーザーに製品を供給してきた。今後の開発計画や販売体制に変更はなく、米国向けにも新会社を通じて販売を続ける。
ブログシステムとしてはWordPressに押されまくってるし、ブログ自体もTwitterに取って代わられてるところもあるけど、仕事も含め2005年から使ってるMovable Typeには愛着があるんだよね。Movable Typeは無くなって欲しくない。

つかMovable Typeの開発ってシックス・アパート日本法人が主体になってたんですね。できれば個人向けメニューは継続の方向で!

▼参考リンク
シックス・アパート日本法人は既存事業を継続、社名もそのままに(Six Apart)
シックス・アパート日本法人が提供中の、「Movable Type」「TypePad」「zenback」「sazanami」などの製品・サービスの開発、販売、サポートは、これまで通り継続して実施します。販売パートナー制度「ProNet」についても、今までと変わりなく提供します。

« 都心の真夏日、観測記録を更新 | ホーム | 「愛社されている企業、愛社されていない企業」ランキング »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ