ホーム  > 気になるニュース  > 夏の猛暑、秋の味覚にも影響

2010 .09 .19

夏の猛暑、秋の味覚にも影響

秋の果物、暑すぎて熟れない 柿や梨、大幅に値上がり(asahi.com)
この夏の猛暑が、実りの秋に影を落としている。柿や梨などといった定番果物の収穫が大きく遅れて価格が高騰。東京都中央卸売市場でも、卸値が昨年より大幅に値上がりしている。
ありゃ。梨とか柿、桃とか秋の果物が大好物なのでちと残念なニュース。
果樹研究所(茨城県つくば市)の杉浦俊彦・上席研究員によると、夏場の高温や強い日差しは、果実から余計な水分を減らすために欠かせない要素。だが、度を超すと「日焼け」と呼ばれるやけどのような状態になったり、生育不良の原因になったりする。
人間にも厳しかったこの夏のこと。果物にとっても然もありなんことでしょうね。
東京都の大田市場(大田区)では9月第3週(10~16日)、代表的な品種の価格で、梨やブドウが前年同期より4割高、リンゴは5割も高くなった。首都圏などでスーパーを展開するライフコーポレーション(大阪市)の広報担当者は「暑さが長引き、果物の需要は増えている。でも、仕入れ値の上昇分をそのまま販売価格に上乗せすると売れなくなる」と頭を悩ます。
おお、愛用してるスーパーも仕入れに苦慮されてますか。手頃な値段で味わえるのが秋の味覚のいいところなんですが、、、多少ならガマンしますがっ。

でも、、、今年はちょっと寂しい味覚の秋になりそうですねぇ。

« 「観覧車でチュー」はてっぺんが多数派 | ホーム | 葬儀費用は明朗会計がいいよね? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ