ホーム  > 気になるニュース  > 8月の熱中症による死者、2009年の7.8倍に

2010 .09 .17

8月の熱中症による死者、2009年の7.8倍に

8月の熱中症搬送者、2万8448人 前年の4・4倍 消防庁(MSN産経ニュース)
総務省消防庁は16日、8月の熱中症による救急搬送状況の確定値を発表した。医療機関に救急搬送された人は2万8448人で、うち62人が搬送直後に死亡が確認された。2009年8月に比べると搬送者は約4・4倍、死亡者は約7・8倍となった。3日公表の速報値と比べ搬送者は179人増、死亡者は2人減。
今週になって急に涼しく、、、いやむしろ寒いくらいになってきて体調管理が難しい今日この頃ですが、振り返ってみるとやはり8月の暑さは厳しかったということですね。

平成22年8月の熱中症による救急搬送状況(速報値)

» 平成22年8月の熱中症による救急搬送状況(速報値)(PDF:総務省消防庁)

まあ自分も熱中症になったので身をもって実感してますが。

東京、愛知、大阪、埼玉の搬送者が群を抜いてるのは人口に比例してる感じですね。
ということで熱中症にかかるリスクは誰にでもあると言えるので、自分は大丈夫なんて思わずに気をつけましょう。。。
前年同月比では青森が18・3倍、宮城が15・2倍になるなど、東北を中心に5県の搬送者が10倍を超える増加となった。
だって7月の宮城で夜の室温が30度だったくらいだもの。東北のひとはあんな気温に慣れてないからねぇ。

ちなみに、ぼくは熱中症になったけどかみさんは全然平気でした。普段から麦茶で水分補給して、梅干食べて塩分補給してるのが良かったみたい(かみさんは梅干が好物なのですよ)。

麦茶と梅干はお婆ちゃんの食習慣だそうだけど、今でも通じる先人の知恵ですね。

▼参考リンク
熱中症情報(総務省消防庁)

« 世界で評価される、日通の技術 | ホーム | 「環境自動車税」導入で軽自動車の税率は小型自動車同等へ引き上げ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ