ホーム  > 小ネタ  > 溶けるチーズと溶けないチーズは何が違う?

2010 .09 .15

溶けるチーズと溶けないチーズは何が違う?

溶けるチーズと溶けないチーズ、その違いは?(Excite Bit コネタ)
違いといえばただ熱を加えると伸びるか伸びないか。
ではこのチーズ、具体的には何が違うのだろう。
言われてみれば何が違うんだろ。

原料には「ナチュラルチーズ」としか書いてないからよく分かってなかったけど、好んで買ってくるのは「溶けないチーズ」なんだよね。

で、何が違うのかというとチーズの種類が違うのだそう。
溶けないタイプのスライスチーズはゴーダチーズ、チェダーチーズなど風味あるチーズを配合。こだわったのは、味の良さだ。
だからパンに挟んだりサラダに使うなど、チーズ自体を味わうレシピがおすすめ。

いっぽう溶けるチーズは熱を加えると、溶けて糸を引くように作られているため、よく伸びるモッツァレラチーズが主体。
パンに乗せて焼くなど糸引きを楽しむ料理がおすすめ。
ああなるほど。確かに前に「溶けるチーズ」乗っけてトーストにしたらコクがもの足りなかった。「溶けないチーズ」を乗っけたトーストの方がおいしいもの。

けど溶け具合は乳化剤で調整が効くのだそう。
種類の異なるチーズ、ただ合わせるだけでは成分が分離してしまう。そこで乳化剤を加えるのだが、その乳化剤を強めにすると糸を引かず、弱めにすれば糸を引くようになるのだとか。
うむ。「溶けないチーズ」のコクでトロ~リと伸びたら、さらに美味しそうですな。

« 蚊の季節、これからが本番? | ホーム | 世界で評価される、日通の技術 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ