ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 気温とお風呂と体温と、、、同じ「36度」の感じ方

2010 .09 .11

気温とお風呂と体温と、、、同じ「36度」の感じ方

気温とお風呂と人の体温と――「36度」の感じ方(Excite Bit コネタ)
ところで、同じ36度といっても、気温の36度と、お風呂の36度では、感じ方が全く違うもの。
気温36度の場合は、かなり暑くて辛いのに、お風呂の36度はぬるくて物足りないし、季節によっては入れたもんじゃない。
同じ温度で、なぜこんなにも感じ方が違うのだろうか。湿度の関係か?
知ってはいるけど実はよく分かってない話題。まあ天気予報の気温は日陰で測ってるので観測で36度なら体感気温はもっとあるわけだけど。
「これは、水と空気との熱伝導率や比熱(あたたまりにくさ)などの違いがかかわっているからです。空気と水とでは、熱を吸収する速度が違います。たとえば、水が体温より少し低いだけでも、体温が水のほうに奪われてしまい、どんどん寒く感じていきますが、空気の場合は熱を吸収しにくいので、体温があまり奪われず、逆に皮膚からの放熱が少なくなってしまい、どんどん暑くなっていくんですよ」
「また、サウナの中は、湿度が極端に低いから耐えられるということもあります。湿度が低いと、発汗が十分にされ、体温調節機能が働くので、皮膚の表面温度が下がり、火傷をしないんですよ」
自分がいる環境の湿度と熱の伝わり方で温度の感じ方が変わる、というのがタネ明かし。なるほど合点がいった。

ところで体温が42度以上になると死ぬってのは知らなかったよ…。
一般に、哺乳類は体温42度以上になると、体内のたんぱく質が固まって死んでしまうといわれるが、サウナの100度に耐えられるのは、こうした熱伝導率の違いが大きいのだそうだ。
定温動物(哺乳類・鳥類)は体温の調節幅があまりないのですな。

「30年に一度の異常気象」とされるこの暑さも、今しばらく続くとの事。
熱めのシャワーで汗を流して、エアコンをドライにして、ポカリ飲んでしのごう。

▼関連記事
今年の猛暑、「30年に一度の異常気象」 気象庁が見解(asahi.com)
この夏の記録的な猛暑について、気象庁の異常気象分析検討会は3日、「30年に一度の異常気象」との見解を発表した。日本付近を流れる偏西風の蛇行や今春まで続いたエルニーニョ現象が主な原因という。今後も9月末まで平年より気温が高い状態が続く可能性があるとの見通しを示した。

« 「ゆうパック」、取扱量の減少が止まらず | ホーム | クルマの走行中にドアを開けたらマズイでしょ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ