ホーム  > 気になるニュース  > 「取って」を「撮って」と勘違い

2010 .09 .08

「取って」を「撮って」と勘違い

「取って」と「撮って」勘違い 高圧電流架線へ素手で…(asahi.com)
JR東海道線の車掌が7月、高圧電流が流れる架線に絡まったビニールを素手で取り除いていたことがわかった。車掌は、携帯電話のカメラで「撮って」という指示を、「(ビニールを)取って」と聞き間違えたという。感電する危険があっただけに、同社は分かりやすい指示を出すように改めた。
この車掌さん、20代の女性ってことだけど素直な方なんですかね。
いくらなんでもそんな危険な指示はないでしょう…。

何事もなかったようで何よりです。
指令は「写メ(写メール)で撮って送ってくれますか」と指示。車掌は「取り除け」と聞き間違え、車両から降りて、垂れ下がったビニールをつかんで取り除いた。架線には1500ボルトの高圧電流が流れており、本来は電流を切った上で、専門の作業員が絶縁の手袋を使用して取り除く決まりになっているという。
ニホンゴムズカシイデス。

« ウォークマン、国内販売シェアでiPodを抜く? | ホーム | エコカー補助金、終了 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ