ホーム  > 気になるニュース  > 携帯各社の用語、共通化へ

2010 .06 .27

携帯各社の用語、共通化へ

携帯各社の用語統一を、業界団体が取り組み(YOMIURI ONLINE)
テレコムサービス協会など四つの業界団体が、携帯各社の通信サービスなどの名称を統一し、利用者の理解を助ける取り組みに動き出した。
これはいいね。ハードはそれなりに共通化されてきてるけど、サービス(とそれに紐づく機能)はまだまだ各社バラバラなことが多いよね。
4団体は、「パケ・ホーダイダブル」、「EZナビウォーク」など通信、インターネット関連のサービス名や専門用語など、約350語について統一用語集をまとめた。近くホームページなどで公表し、各社が8月以降に作る商品広告やカタログで、統一用語を使ったり、サービス名に併記したりするように要請する。
サービス名称が共通化されるとキャリアごとの比較も分かりやすくなりますな。

共通用語となるとスマートフォンは盛り込みづらいだろうけど、ケータイだけでもだいぶ意思疎通できるようになるだろうな。

▼参考リンク
テレコムサービス協会
電気通信事業者協会
日本インターネットプロバイダー協会
日本ケーブルテレビ連盟

« ブブゼラはアジアから世界へ | ホーム | 主要企業の「1億円オーバー」役員報酬一覧 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ