ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > カレーと牛丼、どっちが儲かる?

2010 .02 .24

カレーと牛丼、どっちが儲かる?

カレーと牛丼はどちらが儲かるのか?(Excite Bit コネタ)
お弁当が280円?! 牛丼が280円!! 価格破壊が進んでいる外食産業ですが、カレー屋と牛丼屋のどちらが儲かるのかを研究した公認会計士さんに聞いてみた。
10日に一度はココイチでカレー食べてるひとなのでちょっと気になった話題。
ココイチがなくなったら困るからね!

で、どちらが儲かるかといえば、以下2点のアドバンテージからカレーの方が儲かるとのこと。
  • 牛丼に対して、カレーはトッピングで単価UPがしやすい
  • 吉野家、すき家、松屋の3社で競争する牛丼に対して、カレーはCoCo壱番屋が圧倒的なシェア(価格決定権)を持つ
この記事だけだと原価構造や収益性に言及されていないので論拠が弱いけど、会計士さんの著書では吉野家やCoCo壱番屋の事例を取り上げて解説されてるそうなので、それなりの根拠があるんでしょう。<読んでない

とりあえずココイチが牛丼に負けてなくなることはなさそう。ホッ。

ところで会計士さんのコメントは少しカチンときたよ。
望月さんがやるんだったらどっちの店を開きたいですか? と聞いてみたところ「やっぱりカレー屋ですね。なぜなら牛丼屋はコストを下げるために牛肉の仕入れルートがないと価格競争に勝てません。個人店では大手に太刀打ちできない。けれどカレー屋ならば、それなりにできる。味もカレーだったらバリエーションを効かせて工夫できますが、牛丼は美味しく作るのが、肉の品質競争以外では難しい」
バリエーションなんてただの飾りです。エライ人にはそれがわからんのです!
ココイチはベーシックなポークカレーが旨いんですっ(キリッ

あれ? なんか論点がズレてるな。まあいいや。金曜はココイチかな~♪

「数字」は語る―3分で読み解く決算書入門―
望月実
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 6719


« そのポイントでトクしてますか? | ホーム | 39ブログで辿る、「伊勢丹吉祥寺店」閉店までの日々 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ