ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > イオン、アウトレットに参入

2009 .12 .30

イオン、アウトレットに参入

イオン、アウトレット参入 頭打ちのSC補う(NIKKEI NET)
イオンは旧型モデルや規格外商品を割安に販売するアウトレットモールの運営に乗り出す。早ければ来秋にも1号店を埼玉県越谷市に開業し、衣料品、バッグなどを販売する。
スーパーの衣料品なんて元々安いブランドイメージしかないと思ってるんだけど、それを更に安くしてどうすんだろ。

高価なブランド品を売ってるわけじゃない(よね?)ので、商品単価の更なる下落を自分で招いてるようにしか見えない。
アウトレットは一般に通常より2~6割安い店が多い。セール時には8割引きも珍しくない。1号店は埼玉県越谷市にある自社のSC「イオンレイクタウン」隣接地に開く。昨秋、都市再生機構(UR)から約7万平方メートルを賃借する契約を結んでおり、年明けに自治体に出店申請を出す。
まあ原価割れすることはない設計なんだろうし、安さをトリガーに圧倒的な集客を得られれば回収できるのかも知れないけど、モノの価値を毀損しかねない価格競争に邁進するのはいかがなものかなぁ。

« 書店のポイントサービスは「本離れ」に歯止めをかけるか | ホーム | 企業に雇われることが働き方の全て? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ