ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 2010年元旦に「日本初」の月食

2009 .12 .28

2010年元旦に「日本初」の月食

元日に月食、日本で初 しぶんぎ座流星群も4日にピーク(asahi.com)
新年があけてすぐの1月1日午前4時ごろ、日本で月食が見られる。元日の月食は「日本史上初」。明治以降で例はなく、それ以前は「太陰暦で、元日は新月だったから」(国立天文台)。4日には三大流星群のしぶんぎ座流星群がピークを迎えるほか、15日には、部分日食が西日本で観測できる。来年の年始は天文イベントが目白押しだ。
明治以前の暦は月の満ち欠けを元にした太陰暦。なるほど、「日本初」だわ。

食は午前3時51分に始まり、4時22分に最大を迎える模様。食の終了は4時53分とのことです。
元日の月食は部分月食で、夜明け前の4時20分ごろに最も欠ける。最大で8%ほどだが、初詣でに行きながら空を見上げれば、わずかに欠けた満月が見えそうだ。
うちは出かけない予定なので寝てるかなぁ。

まあ大手を振って(?)夜更かしできる日なので見られるひとも多いかも、ですね。

« 普通車2,000円、軽自動車1,000円…高速の一律料金制、新設へ | ホーム | 書店のポイントサービスは「本離れ」に歯止めをかけるか »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ