ホーム  > オンライン書店・本屋 , マーケティング  > ブックオフ、「Tポイント」サービスを終了

2009 .12 .26

ブックオフ、「Tポイント」サービスを終了

ブックオフ、Tポイントから脱退 10年9月末までに(NIKKEI NET)
中古書籍販売大手のブックオフコーポレーションは25日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)のポイントサービス「Tポイント」を2010年9月末までに終了すると発表した。07年10月から実施していたが、当初想定ほどの売り上げ増に貢献しないことなどから脱退を決めた。
加盟店舗数では最大規模のポイントサービスといえども相性があるもんなんですね。
ブックオフのTポイント関連の負担費用は年7億~8億円。Tポイントよりも中古書籍の安さや豊富さを利用動機にあげる顧客が多く、新規利用者の開拓につながらなかったとしている。
ブックオスの価格競争力は他の追随を許さないレベルですからねぇ。それだけ圧倒的な安さがウリなわけなのでポイントが効かないのも道理ですね。

とはいえ、ブックオフとしても新規顧客を欲しているからこそのTポイント導入だったわけですよね。目標新規顧客を獲得できる、費用対効果が折り合うマーケ施策となるとマーケティング的にはなかなか難しいものがあるかと。でも上場している限り事業規模は成長を続けなければならない。

大手には大手なりの悩みがあるものですねぇ。

▼参考リンク
『Tポイント』サービス終了のお知らせ(ブックオフ)※PDFファイル

ブックオフオンライン

« 気象庁、桜の開花予想を終了 | ホーム | 普通車2,000円、軽自動車1,000円…高速の一律料金制、新設へ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

アーカイブ