ホーム  > 気になるニュース  > 氷原の減少で共食い始めたホッキョクグマ…

2009 .12 .12

氷原の減少で共食い始めたホッキョクグマ…

ホッキョクグマが共食い始める 気候変動の影響で(MSN産経ニュース)
米国が率いる国際的な科学調査によると、気候変動の影響でホッキョクグマが狩りをする北極圏の氷原が溶け、共食いをするクマが現れたことなどにより、ホッキョクグマの生息数が減少している。
何これこわい。。。

元記事の写真、ハッキリと見えないけど(つか見たくない…)ヤバイの咥えてるよねコレ。今まで食べてたのが獲れなくなったからって共食いになるの? 他に食べるのないの?

すげーショックなんだけどコレ…。

« 餃子の王将、皿洗い30分でタダは元が取れてる? | ホーム | 今年の漢字は「新」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ