ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 餃子の王将、皿洗い30分でタダは元が取れてる?

2009 .12 .11

餃子の王将、皿洗い30分でタダは元が取れてる?

美談「皿洗いすれば定食タダ」は王将にとってメリットづくしだった(MONEYzine)
業績好調の「餃子の王将」。チェーン店の中には、学生向けに30分の皿洗いで食事代を無料にする店さえ存在するが、実はこれは王将にとってメリットづくしだった。
大学の頃はよく水道橋のお店に行ってたけど、今は自宅近くにも会社の近くにもお店がないのでとんとご無沙汰。たまにあのジューシーでニンニクが効いてる餃子が食べたくなるんだよなぁ。しょうがないから冷凍の買ってきて食べてるけど。

そんな「餃子の王将」に、皿洗いすると食事代が無料になるお店があるのはけっこう有名な話し。

記事ではそんなタダ飯で元が取れるのか? ってところを考察しています。
同チェーンにおける客1人当たりの食事代は850円程度だが、その原価は業界標準の35%で算出すると約300円。もし学生が食事代を払えない場合は、店側の負担は300円発生するが、30分皿洗いしてもらえば、王将のバイトの時給を900円だと考えると、450円の労働力を得られることになる。つまり差し引き150円の得となり、少なくとも損にはならない。
学生の頃だったらやってだろうなぁ。まあだからといって来店客みんなが皿洗いできるかってわけでもないのでちゃんとおカネ払って食べましょう。

ああ京王線沿線にも出店して欲しいっ!

« 新橋のサラリーマン、Twitter利用率は9.7% | ホーム | 氷原の減少で共食い始めたホッキョクグマ… »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ