ホーム  > 気になるニュース  > 帝人、ガラスに替わる車のウィンドウ用素材を実用化

2009 .11 .30

帝人、ガラスに替わる車のウィンドウ用素材を実用化

帝人、車の窓用素材 ガラスより3割軽量、トヨタ車が採用(NIKKEI NET)
帝人は自動車の窓向けに高機能樹脂を使った素材を実用化した。ガラスに比べて3割の軽量化が可能。トヨタ自動車が2010年末から生産する高級スポーツ車「レクサスLFA」の小型窓に国内市販車で初めて採用される。乗用車重量の3%程度を占めるガラスは軽量化が難しかった。燃費効率の向上が期待できるため、将来は後方や側面の窓にも利用できるとみている。
素材はポリカーボネート樹脂だそうです。テイジンの事業領域って幅広いなぁ。

コストは通常の自動車ガラスの数倍だそうですが軽量化は魅力的。あと樹脂素材なら粉々に割れる危険性も軽減できそうですね。

大量生産されればある程度コストも落とせるんじゃないかと期待しちゃいます。
高級車にばっかり採用されても触れる機会はないですからねぇ。

« 表参道でバイク用路上パーキングが運用開始 | ホーム | 無料ウイルス対策ソフト「Avira AntiVir」、日本語版リリース »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ