ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 100色パンツ

2009 .11 .17

100色パンツ

グンゼが100色のパンツ ネット販売が主(asahi.com)
下着大手のグンゼは来年の春夏物から、100色のカラーバリエーションをそろえたパンツを発売する。最新式の染色機の導入で、生産の最小単位を数百枚から1枚にまで減らすことに成功し、おしゃれ志向の多様化にあわせた商品を実現した。
必ず「売れる色、売れない色」が出るんだから100色も揃えなくたっていいじゃん。

なんて思っちゃうんですけど、これって話題作りももちろんだけど、「圧倒的に揃っていること」が購買意欲をそそるものらしんですよね。こういうのって。
主力ブランド「ボディワイルド」シリーズの商品で、名前は「100カラーボクサー」。色はピンク・赤系だけで約20種類もあり、同じピンクでも「フレッシュ」「ライト」「ローズ」「チェリー」「スモーク」「ブリリアント」などに細かく分かれる。
まあ1枚1,050円が高いか安いかは人それぞれでしょうけど、どこで買うかは別にして、必ず買う必要がある商品が、手軽に買いやすい価格帯で、選択肢が多い品揃え、と三拍子揃ってるので売れるんじゃないですかね。

てかBODY WILDのサイトってFLASHベースでえらくオサレなんですね。グンゼって感じは微塵もない。老舗企業も生き残りをかけているということですか。

グンゼといえば肌着、という先入観はおっさんですね…。

▼参考リンク
BODY WILD(GUNZE)
BODYWILD:グンゼオンラインショップ

« 大陸間海底ケーブル「Unity」陸揚げ | ホーム | ソフトバンク、「115」電報事業に参入 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ