ホーム  > オンライン書店・本屋  > 本や出版のこと  > クリス・アンダーソン『FREE』、発売前に全文を無料公開

2009 .11 .15

クリス・アンダーソン『FREE』、発売前に全文を無料公開

NHK出版、"フリーミアム"をテーマにした書籍を発売前にWebで全編無料公開(マイコミジャーナル)
NHK出版は11月26日発売予定の新刊書籍『フリー <無料>からお金を生みだす新戦略』(クリス・アンダーソン 著)の全文を、13日から26日までの期間、1万人に限定してWebで無料公開することを発表した。すでに特設Webサイト上で公開が始まっている。
すばらしい。かつ冒険的な試み。読もうと思ったけど時すでに遅し。43時間半で1万人に達したとのことです。
完売御礼!『フリー』1万人限定の刊行前無料公開終了しました。
(Twitter / freemiumjp)
まあしょうがない。買って読もう。

つかさすがクリス・アンダーソンのネームバリューということでしょうか。出足早いですね。
本書は米国のIT誌『WIRED(ワイアード)』の編集長であるアンダーソン氏が執筆、現在注目されている"無料ビジネス"から収益を生みだす仕組み"フリーミアム(freemium)"についてまとめられており、すでに米国ほか世界25カ国で発行されている。フリーミアム"は、"free(フリー)"と "premium(プレミアム)"を足した造語で、基本サービスは無料で広く提供し、一部の人びとに有料で高機能のプレミアム版を購入してもらうというビジネスモデルのこと。

この本、NHK出版なんて権利にうるさそうな出版社が版権取ったことも軽く驚いたけど、無料公開まで踏み込んだのはすばらしい。公式Twitterも「いちおう『フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略』の公式ツイッターとしてつぶやいています。」なんて弱気なキャラしてないでもっとはじけてくださいw

さて「フリー」が提唱する概念は決して目新しいものではないけれど、実践するには勇気と大胆さが必要かなと。それでいて成功するかといえば、今のところ確証もない。

けれど、不景気でモノやサービスに対するダンピング圧力が強くなっている(と個人的には強く感じている)このご時勢において、対価の概念を補正してくれる手法ではないかと思ってます。

本書はこれからのビジネスを考える上での一助となるかも知れないですね。

▼参考リンク
フリーミアム.jp [FREEMIUM.jp]
freemiumjp (freemiumjp) on Twitter

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略
クリス・アンダーソン
日本放送出版協会
売り上げランキング: 24


« 図書館の利用が過去最高とのこと | ホーム | 兵庫では調書書き換え、東京では事実無根で免許取り消し »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ