ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > 仮想本棚サービス「ブクログ」、パペポ運営としてリニューアル

2009 .10 .20

仮想本棚サービス「ブクログ」、パペポ運営としてリニューアル

paperboy&co.、書評コミュニティ「ブクログ」を運営開始(BB Watch)
株式会社paperboy&co.は8日、書籍や音楽CDなどを登録してレビューなどが可能なコミュニティサイト「ブクログ」をリニューアルして、正式サービスとして運営を開始したと発表した。利用は無料。
ブクログ -web本棚サービス-社長が個人で運営してたサービスを自社の正式サービスにするってのはめずらしいですよね。アクセス増大に伴って個人では手に負えなくなるというケースはありますけど、ブクログは比較的重くもなく安定して稼動してたように思います。

まあ何にせよ、アマゾンの書誌データをうまく使った見本のようなサービスなので、パペポのリソースを投入することで更に魅力を増していただければと。
「ブクログ」は、paperboy&co.の代表取締役CCO(最高クリエイティブ責任者)を務める家入一真氏が2004年9月に個人運営のサービスとして開始したもの。本棚のようなインターフェイスを採用し、書籍やCD、DVDなどのアイテムを本棚に並べるように表示できるのが特徴。また、書評やおすすめ度も登録できる。Amazon.co.jpの商品データベースを利用しており、ユーザーが取得したAmazonアソシエイトIDの設定にも対応する。なお、2009年9月末時点のユーザー数は約20万人。
家入さんは、ユーザーのニーズを捉えた着眼点とサクッと実装するスピードがスゴイですよね。自分が楽しみながら取り掛からないとこうはできないと思います。
2007年の「Amazonアソシエイト大賞」を受賞なんてオマケも付いてきましたね。

ますますの発展を願っております。

▼参考リンク
ブクログ -web本棚サービス-

« ヤフー、ランク別会員プログラム「スタークラブ」開始 | ホーム | 「目が良いと老眼にならない」は迷信? »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ