ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 土星に新たな「輪」が発見される

2009 .10 .15

土星に新たな「輪」が発見される

土星に巨大な輪を発見 NASAの宇宙望遠鏡(MSN産経ニュース)
米航空宇宙局(NASA)は7日、土星を囲む巨大な輪を赤外線宇宙望遠鏡「スピッツァー」で発見したと発表した。輪の半径は土星の半径の128~207倍で、これまで最も大きかった土星のEリング(3~8倍)に比べてはるかに大きい。
「輪」といっても、氷とチリで出来た雲のようなものみたいです。

この新たに見つかった「輪」の厚さは、土星の直径の20倍にもなるそうです。デカ過ぎて想像できない…。宇宙はまだまだ謎と神秘の宝庫ですね。

▼参考リンク
Discovers Largest Ring Around Saturn(NASA Space Telescope)

« 投げ込みチラシの無断投函は罪に問われないのか? | ホーム | 丸善、著名人の本棚を再現した「松丸本舗」を開設 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ