ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 折口雅博氏、個人負債10億円で破産へ

2009 .09 .09

折口雅博氏、個人負債10億円で破産へ

グッドウィル創業者折口氏の破産手続き開始(MSN産経ニュース)
帝国データバンクは8日、人材派遣のグッドウィル・グループ(現ラディアホールディングス)創業者の折口雅博氏とその資産管理会社である折口総研(東京都大田区)が9月1日付で東京地裁から破産手続き開始決定を受けたことを明らかにした。
ジュリアナ東京、ヴェルファーレと成功の影で数々の挫折を味わいながら、これまでと全く異なる人材派遣、介護という業態を擁するグッドウィル・グループの創業で3度目の成功を収めた折口氏。

その成功の裏には手段を選ばない経営方針があったことが転落の契機になったわけですが、やり方はさておき「不屈」という言葉がこれほど当てはまる人物も稀ではないかと思っています。

破産手続きが開始されたことで一文無しになるわけですが、ここからまた再起を見せてくれるのでしょうか。やり方さえ歪まなければ、ビジネスセンスに溢れた能力のある人物だと思うのですが。折口氏個人としての負債総額は約10億円だそうです。

まあ一緒に働きたくはないですけどね。

▼参考リンク
大型倒産速報(帝国データバンク)

« 布袋寅泰 on ロック部長 | ホーム | 民主党、国会正面側の控室を要求 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

katana:

汚いお金がグルグル、グルグル回ってたに違いない。
お金への執着力が物を言わせたのですかね。

ジュリアナもヴェルファーレもコムスンも
私には関わりが無かったですが、
ちまたで、お金がすごく動いていたのは
しってます。

この人の本心を、見てみたい物ですね。

昔、折口さんの著書『「プロ経営者」の条件』を読んで感じたのは、「執念」なんですよね。それと「儲ける」。

思うに、自己顕示欲が異常に強いのは過酷な少年時代があったからかと。多くの場合はグレるんでしょうけど、この人はグレなかった。でも歪んだオトナになっちゃいましたけどね。

ある意味、心が強すぎて、世の中には負けなかったけど自分勝てなかった人、という印象があります。

↓こちらの記事も読んでみるといいかと。
旧グッドウィル折口氏、「札びらの復讐」の代償:日経ビジネスオンライン

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ