ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 衆議院、解散

2009 .07 .21

衆議院、解散

衆院解散・総選挙へ 8月18日公示、30日投開票(asahi.com)
衆院は21日午後の本会議で解散された。政府はただちに臨時閣議を開き、総選挙の日程を「8月18日公示、同30日投開票」と決めた。自民、民主の2大政党が激突する「政権選択選挙」が事実上スタートする。民主党が政権を奪取するか、自民、公明両党が過半数を確保して連立政権を維持するのかが最大の焦点だ。
麻生内閣は「定額給付金」をバラ撒いたってくらいしか記憶に残る政策の印象がない。いろいろやったんだろうけど。

だからといって民主党を選択するかっていうと微妙。二人とも献金のこと説明してないし。まあグレーなおカネが絡まない政治家なんてあり得ないのかも知れないね。
衆院本会議は午後1時から開かれ、河野洋平議長が冒頭、解散詔書を朗読した。今回の解散は、内閣の助言と承認による天皇の国事行為を定めた憲法7条を根拠にしている。総選挙は05年9月、小泉首相(当時)の下、郵政民営化を争点として自民、公明両党が圧勝した郵政選挙以来、約4年ぶり。
カタチばかりの二大政党制はシンボルでしかないし、ビジョンと政策で納得できる選択肢が欲しいところ。

言いたいことがあるなら行動しないと。投票くらいはしないとね。

▼関連記事
議員立法97本、衆院解散で廃案へ 今国会成立は19本(NIKKEI NET)
衆院が21日に解散することで、与野党が議員立法で衆参両院に提出している97法案が廃案になる。与党と民主党の修正協議が進んでいた児童買春・児童ポルノ禁止法改正案や、患者の要望が多い肝炎対策基本法案なども次期衆院選後に先送りとなる。成立したのは改正日本政策投資銀行法や改正臓器移植法、水俣病未認定患者救済法など19本。

« 自転車の手信号、しなくていいの? | ホーム | 金田伊功、死去 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ