ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 宇宙から見た皆既日食

2009 .07 .16

宇宙から見た皆既日食

皆既日食、宇宙から見ると…衛星画像、ネットで公開へ(asahi.com)
22日に鹿児島県のトカラ列島などで見られる皆既日食について、気象庁は14日、気象衛星ひまわり7号が撮影した地上の画像をインターネット上で公開すると発表した。日食の時に地球を撮影した衛星画像には、地上に落ちた月の影が映る。
気象庁もなかなか粋な計らいをしてくれますねぇ。

気象庁のWebサイトでは昭和63年に起きた日食を静止軌道上の「ひまわり3号」が観測した画像も公開されてます。

宇宙から見る月の影

» 日食時の「ひまわり」画像(気象庁)

ちゃんと影になってる! 地上から観測した日食の様子をネット中継してくれるサービスはいろいろ出てきてますけど宇宙から見た日食ってのはレアですよねー。
画像は気象庁のウェブサイト(http://www.jma.go.jp/)で、22日午前10時以降に15分間隔で公開する。画像は白黒で、月の影の濃い部分がかかっているところでは皆既日食に、灰色のぼんやりとした影の部分では部分日食となる。
平日だから会社のPCから見ることになるかなぁ。

▼参考リンク
H21/7/22日食時の「ひまわり」画像(気象庁)

▼関連記事
皆既日食をパソコンや携帯で ネット各社が奄美から中継へ(MSN産経ニュース)

« ナンバープレートカバー、省令により全面禁止へ | ホーム | 「納豆」は保存食にあらず »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ