ホーム  > 気になるニュース  > 天台宗座主が史上初めて、高野山の真言宗を参拝

2009 .06 .16

天台宗座主が史上初めて、高野山の真言宗を参拝

天台宗座主が真言宗総本山を参拝 開宗1200年で初(asahi.com)
天台宗(総本山・比叡山延暦寺)トップの半田孝淳(はんだ・こうじゅん)座主(ざす)が15日、和歌山県高野町の高野山真言宗総本山金剛峯寺を訪れた。天台宗開祖の最澄は晩年、経典の貸し借りをめぐって空海と疎遠になったとされ、両宗派の開宗以来1200年間で初めての公式参拝となった。
密教二大宗派のトップが合間見えるとは。まあ宗派として確執があったわけじゃないけど。
最澄と空海は唐(中国)での留学仲間だったが、晩年に最澄が経典を借りようとしたところ空海が拒み、疎遠になったとされる。
ショボイ理由だなw

ともあれ、こういう地味~なニュースが報道されるのは良いですな。

« 訳あり商品の「ワケ」 | ホーム | 新型新幹線「E5系」、量産先行型車両が仙台駅に登場 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ