ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 新型新幹線「E5系」、量産先行型車両が仙台駅に登場

2009 .06 .17

新型新幹線「E5系」、量産先行型車両が仙台駅に登場

国内最速・新型新幹線E5系が走行試験 仙台駅に初お目見え(MSN産経ニュース)
国内最速の時速320キロで運行することが予定されている東北新幹線の新型車両(E5系)が、15日深夜から16日未明にかけて宮城、岩手両県内の本線で走行試験を始め、JR仙台駅に初お目見えした。
あら~。やっぱりこの玉虫色っぽいカラーリングなのかな。プロダクションモデルでは配色変えて欲しいなぁ。つか鼻先、長過ぎ。。。

時速320キロを体験してみたいので帰省の折りには一度くらい乗ってみたいな。

東海道の揺れっぷりはすごいけど、東北新幹線は年式が比較的新しいってこともあってほとんど揺れないし速度も感じない。なので問題なく快適なんだけど、さすがに時速320キロとなると車窓の風景がどう変わって見えるのか興味津々です。

▼関連エントリー
時速320キロ! 東北新幹線の新型車両が完成

« 天台宗座主が史上初めて、高野山の真言宗を参拝 | ホーム | クックパッド、マザーズ上場へ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ