ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > 「男の子牧場」、オープン6日でサービス停止へ

2009 .05 .18

「男の子牧場」、オープン6日でサービス停止へ

「男の子牧場」サービス停止 家畜扱い批判受け(MSN産経ニュース)
サイバーエージェントは18日、女性が男性を紹介しあう婚活支援サイトとして人気のあったサイト「男の子牧場」のサービスを停止すると発表した。18日中に新規登録を停止し、19日からサービスそのものを取りやめる。同社は「サービスを再開する予定はない」としており、「提供頂いた登録情報、および男性プロフィール情報は、当社で責任を持って廃棄する」としている。
「人気があった」のか? CNET JAPANの記事によると、ユーザー数は5月17日までの5日間で4,500人強に登ったということだけど、ほとんどが冷やかしアカウントじゃないの?
最近気になる『らられぽーと』の人に会ってきた(IDEA*IDEA)
最近話題の「男の子牧場」も(サイト考察の観点から)登録されていたので見せてもらいました。でもひやかしアカウントばっかりでしたな・・・。まぁ、あれだけ炎上してればしょうがない。
広報ブログもサービス停止のお知らせとなるとソリッドなトーンなのね。
「男の子牧場」のサービス停止について(サイバーエージェントではたらく広報担当のブログ)
株式会社サイバーエージェントは、2009年5月13日に開始した婚活支援モバイルサイト「男の子牧場」を、サービス見直しのため、2009年5月19日をもってサービス停止いたします。
まあいつものトーンで書かれたらさらなる燃料投下は必至だものね。。。

炎上ってこれまで何度も起きてるのに相変わらず繰り返されますね。
「牧場」には縦軸と横軸が設けられ、「イケメン←→ブサメン」「ボンボン←→貧乏」などのキーワードを設定して男性を “品定め”できる仕組みになっていた。これに対し、同社にはメールや電話で「人を家畜扱いですか」「配慮が足りないのでは?」といった約100件の苦情が寄せられていた。
まあ騒ぎは起きないに越したことはないけど、起こしてしまったら事後の対応はキチンとしないと。

今回の早期のサービス停止がサイバーエージェントにとって良策だったかどうかは、今後の同社を見ていけば自ずと分かることでしょう。

▼関連記事
サイバーエージェント、「男の子牧場」サービス停止(INTERNET Watch)

▼関連エントリー
「男の子牧場」に学ぶ、広報のあり方

« 「政宗さま」ですか・・・ | ホーム | NERV仕様の「ヱヴァケータイ」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ