ホーム  > オンライン書店・本屋  > 本や出版のこと  > 角川書店グループが中経出版を子会社化

2009 .03 .18

角川書店グループが中経出版を子会社化

角川、中経出版を子会社化(MarkeZine)
角川グループホールディングスは、中経出版の全株式を取得し子会社化することで合意したと発表した。
うお。全然知らなかった。
中経出版は角川グループがカバーしていない、ビジネス・実用・語学などの分野に定評があり、子会社の新人物往来社は雑誌「歴史読本」や歴史関連書籍、歴史小説など、団塊の世代向けコンテンツを多数有している。また、財務体質にも優れ、連結売上高 約40億円、税引前利益約4億円と高い収益力を維持している。
新人物往来社が中経出版の子会社だってのも知らなかった…。

アスキー、メディアワークスと従来と全く異なるカラーを取り込んできた角川書店。目指すのは何でもありの総合出版なんでしょうかねぇ。

本屋から離れてだいぶ経つとはいえ、業界動向くらいは押さえておきたいものです…。

▼関連エントリー
アスキーとメディアワークスが4月に合併へ
アスキーとメディアワークスが合併

« 首都高速道路、ETC車載機を無料配布。ただし取り付け料金は必要 | ホーム | 楽天、中古品専門の「中古市場」を開設 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ