ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > ペパボ家入社長がCCOへ

2009 .03 .16

ペパボ家入社長がCCOへ

paperboy&co.が社長交代、家入氏は最高クリエイティブ責任者に(INTERNET Watch)
paperboy&co.は16日、代表者の異動を取締役会で内定したと発表した。現社長の家入一真氏は代表取締役CCO(最高クリエイティブ責任者)となり、現副社長兼経営企画室長の佐藤健太郎氏が代表取締役社長となる。3月25日に開催予定の定時株主総会および取締役会で正式に決定する予定。
プログラミングもできて、サービス設計もできて、独特なパペポブランドを作ってきた家入さんが代表取締役CCO(最高クリエイティブ責任者)に就任するとのこと。

代表取締役異動のお知らせ(株式会社paperboy&co.)

社長と兼務とかって中途半端なことじゃなく、経営のカネ勘定的なところは別な人に任せ自分は得意分野に注力する。そのために社長から退いたってことですかね。考え方とやってることはすごく正しい。
創業時よりサービス開発に携わってきた家入氏が、CCOとしてデザインやブランドマネージメントの強化、新たなサービス創出の推進に当たるとともに、創業メンバーで副社長として経営を指揮する佐藤氏が代表取締役社長に就任。取締役の役割を明確化し、CCOと新社長を両輪としてさらなる飛躍と成長を目指すとしている。
役員が兼務しまくりで形ばかりのCEOとかCCOとかCMOとかが多い中ですごく真っ当なことを実行してる。

しかしフットワーク軽いなぁ。言いたかないけどやっぱ若さなんだろか…。

▼参考リンク
代表取締役異動のお知らせ(株式会社paperboy&co.)

« 吉野家、割り箸を樹脂製の箸へ切り替え再利用へ | ホーム | 高速料金「一律1,000円」、4月29日より完全実施 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ