ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 吉野家、割り箸を樹脂製の箸へ切り替え再利用へ

2009 .03 .16

吉野家、割り箸を樹脂製の箸へ切り替え再利用へ

吉野家、割りばしやめ樹脂製に ほぼ全店で(NIKKEI NET)
牛丼チェーンの吉野家は16日、ほぼ全店で5月までに割りばしの利用をやめ、洗って繰り返し使える樹脂製のはしに切り替えると発表した。
お店から出るゴミの量を1年で710トンほど削減できる見込みとのこと。

ゴミも減らせるし、割りばし代も削減できる。素晴らしい取り組みですね。

関連記事に上げたように、吉野家は今年、過去最大規模となる新規出店100店舗を計画してるということでコスト削減は至上命題なのでしょう。

それでも割り箸がいいという人には対応してくれるとのこと。樹脂製の触感が嫌な人もいるでしょうから言ってみるといいですね。

▼関連記事
ファストフード、09年度出店加速 吉野家、最多100店強(NIKKEI NET)

« 新 iPod shuffle はさらに小さくなって無くしちゃいそう… | ホーム | ペパボ家入社長がCCOへ »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ