ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > トヨタ車に乗らないなら通勤手当は半分で

2009 .02 .24

トヨタ車に乗らないなら通勤手当は半分で

トヨタ車以外で通勤する人は手当半額 豊田の部品会社(asahi.com)
トヨタ車に乗らないなら半分で我慢して――。トヨタ自動車の“おひざ元”愛知県豊田市の部品会社が、トヨタ車以外で通勤する従業員の手当を半額にした。会社はトヨタの取引先だが、資本関係はない。担当者は「うちはトヨタで成り立っている。自主的に協力した」と説明している。
通勤手当を半分にしたところで何かトヨタに貢献できるんだろうか。

トヨタ系列の車に乗ってれば手当てが7千円のところ、トヨタ系列以外の車で通勤している場合だと半額だってことなんだけど該当するのは3割程度だっていうし。
この会社によると、1月に社内規定を変更し、自家用車で会社に通う従業員に支給していた通勤手当を「トヨタ系列」と「トヨタ系列以外」の二つに分割。トヨタ自動車、ダイハツ工業、日野自動車の3社の車に乗る従業員にはこれまでの金額を支払う一方、それ以外のメーカーの車に乗る従業員は半額とした。
てか日野自動車って。ダンプとかトラックで通勤するようなツワモノはなかなかいないのでは…。

記事にある「社内規定」って、手当てに拘束力を持ってるくらいだから「就業規則」のことなのかなって思うけど、就業規則って作成もしくは変更する際に「労働者の過半数を代表する者の意見を聴かなければならない」なんて労働基準法で規定されてるからそう簡単に変更できないのでは。

まあ何とかしなきゃっていう心情は分かるんだけどね。

▼参考リンク
就業規則作成の手引(東京労働局)

« 広告の画面占有が行き着く先 | ホーム | みんなで育てる日本語入力「Social IME」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ