ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > ユーザーが「見る広告」「見ない広告」「ジャマだと思う広告」

2009 .01 .29

ユーザーが「見る広告」「見ない広告」「ジャマだと思う広告」

ユーザーが「見る広告」「見ない広告」--ユーザーの行動を決める要素とは?(CNET Japan)
「どんなサイトのどんな広告をユーザーは見るのか」――これは、広告主もメディア運営者も非常に興味ある事項ではないでしょうか。
ええ、とても興味がありますね。もう切実に。

この記事が論点としているところはすごく腹に落ちるし、以前ビービットさんのところでアイトラッキングを見せてもらったこともあるので、ユーザー目線のUI、導線はとても重要だと思っています。いろんなバランスがあって実装はとても難しいけど。

なので記事を書かれたイー・エージェンシーさんに罪はないんだけど、CNET! ユーザビリティについての記事を掲載する媒体なら↓この広告やめてくれ!

ウザイ広告

マウスをよぎらせただけでバクッとデカくなって、ジャマなことこの上ないんだ。
しかも記事本文が見えなくなるし。

こんな広告載せてると媒体としてのブランドが問われると思うよ。

ユーザ中心ウェブサイト戦略 仮説検証アプローチによるユーザビリティサイエンスの実践
株式会社ビービット 武井 由紀子 遠藤 直紀
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 4487


« 頂点の品格 | ホーム | 慰謝料電卓 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ