ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 知られざるホワイトハウスの日常

2009 .01 .22

知られざるホワイトハウスの日常

知られざる米国大統領の日常(日経ビジネスオンライン)
2009年1月20日、米国が建国されて以来受け継がれてきた行事がまた繰り返される。新しく選ばれたバラク・オバマ大統領の下、閣僚の顔ぶれは一新する。しかし、大統領の私生活を支えるホワイトハウスのスタッフの仕事が大きく変わるわけではない。「ナショナルジオグラフィック日本版」の1月号では、ホワイトハウスを支えるスタッフたちにスポットを当てた。
たしかに知らないなぁ。メインの特集じゃないので見過ごされそうだけどトリビアちっくに興味深い内容ですね。
なにしろ任期を終えた前大統領一家が午前10時頃ホワイトハウスを去り、その日の午後4時には新しい大統領一家が到着するのだ。
6時間1本勝負で数百人のスタッフが総動員。想像するだけでも大変ですよねぇ…。

プロジェクトマネジメントの観点で見ても面白そうな特集ですね。



« 合衆国第44代大統領バラク・オバマ、就任 | ホーム | 楽天が「モバイルIP電話」サービスを検討中 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ