ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 「バッチ」買うのは仕事ですか?

2009 .01 .13

「バッチ」買うのは仕事ですか?

やる気? 忠誠? 厚労省「愛省バッジ」1000個3日で完売(MSN産経ニュース)
雇用、年金、医師不足、薬害-。何事につけ世間から激しい批判を浴びている厚生労働省が、国民のためになる政策を堂々と遂行しようと、職員の「愛省精神」を高める作戦に打って出た。
これはかわいそうだなぁ。厚労省本省の職員は約3,000人だそうなので1/3は購入済みですか。発案は舛添さんだそうだけど、彼らしくない感じ。
士気鼓舞というより統制のニュアンスの方が大きくないですかね。
「任意ではあるが、積極的に購入していただき、職員としての使命を常に意識し、より良い厚生労働行政の推進に努めてもらうことを期待します」(官房長名での職員あての文書)
官房長名でこんなこと言われたら、特にそれなりのポジションにいる人は気が気でないでしょうねぇ…。気の毒に。

▼関連記事
厚労省の「愛省バッジ」、即売に舛添大臣上機嫌…ただ自らは非着用(MSN産経ニュース)

« ブッシュ大統領、余生は「自由の伝道師」とのこと | ホーム | 年賀はがき、売れ残りは約6億枚 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ