ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > ライブドア、スパム送信元のIP情報を無料で公開

2008 .10 .30

ライブドア、スパム送信元のIP情報を無料で公開

ライブドア、スパム書き込みの送信元IP情報を無料で公開(INTERNET Watch)
ライブドアは28日、スパム書き込みの送信元情報を外部から利用できる「スパムちゃんぷるーDNSBL」を無料で公開すると発表した。個人法人を問わず、すべてのインターネットサービスやブログ運営者が利用できる。
スパムコメントやスパムトラックバックに辟易としてる昨今、こうした有益な情報を一般に公開してくれるなんて。なんて素晴らしいんだろう。

統合スパムフィルタ「スパムちゃんぷるー」のデータに基づくDNSBL(β)

統合スパムフィルタ「スパムちゃんぷるー」のデータに基づくDNSBL(β)
スパムちゃんぷるーDNSBLは、スパムちゃんぷるーのデータからスパム書き込みの送信元IPに関する情報を外部から利用できるサービス。このIPアドレスを書き込み対象外とすることでスパム防止策が可能だという。
MovableTypeでスパムちゃんぷるーのDNSブラックリストを利用する方法も解説されています。

MovableType4でスパムちゃんぷるーのDNSブラックリストを使う方法

でもスパム判定できたってことは、trackback.cgiやcomment.cgiが叩かれた後ってことなのですでに負けなのよね。
抜本的な対策をしないとなぁ。。。

« 年賀状が無料で送れる「tipoca」 | ホーム | 火星でオパールが発見される »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ