ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 火星でオパールが発見される

2008 .10 .31

火星でオパールが発見される

火星でオパール発見、液体の水存在の新証拠 NASA(asahi.com)
米航空宇宙局(NASA)は28日、火星を周回中の探査機マーズ・リコネサンス・オービター(MRO)が火星の赤道付近を横切るマリネリス峡谷のへりなどでオパールが地表に露出しているのを見つけた、と発表した。
水があった、ということであって、「今現在の火星に水がある」というわけではないんだけど。でも何だかワクワクする発見ですね。
オパールは、鉱物が液体の水に接触してできる水和物と呼ばれる物質の一種で、液体の水の存在の証拠とされる。
今回発見されたオパールは20億年ほど前のものと推定されているそうです。

20億年前の火星には液体の水が存在した? そしたら生物も存在した?

興味は尽きないですねぇ。

NASA Orbiter Reveals Details of a Wetter Mars▼参考リンク
NASA Orbiter Reveals Details of a Wetter Mars(NASA)









« ライブドア、スパム送信元のIP情報を無料で公開 | ホーム | Amazon.co.jpに「食品&飲料ストア」オープン »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ