ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > 住所や本名を知らせずに送れる「mixi年賀状」リリース

2008 .10 .29

住所や本名を知らせずに送れる「mixi年賀状」リリース

「mixi年賀状」 住所知らないマイミクに郵送(ITmedia News)
ミクシィは10月28日、mixiユーザー同士で年賀状を郵送するサービス「ミクシィ年賀状」の受け付けを、11月下旬に始めると発表した。mixiユーザーなら、相手の住所や本名が分からなくても届けることができる。
かねてより10月28日にmixiから新サービスの発表があると報じられていたので、てっきりオープンID絡みの新サービスかと思ってたんですが「年賀状」ですか。これは意表をつかれた。
送り手は、「マイミクシィ」や「コミュニティ」の仲間などから受け取り手を選び、年賀状のデザインテンプレートを選択。メッセージや写真を添えて年賀状を完成させる。自分の住所と氏名は、記入してもしなくてもOKだ。記入しない場合は「ミクシィ年賀状事務局」が差出人になる。

受け取り手には「○○さんがあなたにミクシィ年賀状を送ろうとしています」という内容の告知がmixiメッセージで届く。受け取りOKの場合、住所と氏名を入力すれば、その住所に年賀状が届く仕組み。住所と氏名は、送り手には告知されない。

[mixi] ミクシィ年賀状

ミクシィ年賀状

なかなかおもしろい組み合わせ。UIはmixiが元々持っている「追加リクエスト」と同じような感じなんでしょうね。

mixiのメッセージ(メール)送信は相手のメアドが分からないまま送受信してるわけなのでハガキに置き換わっただけ、と思えば違和感も少ないかな。「年賀状」と捉えると、送り主・送り先の住所も名前も分からないってのはちょっと気持ち悪いけど。。。

あらかじめ用意されているデザインテンプレートはいささかアレげなデザインが多いようなんですが。普通にプレーンなのもあるんですかね…。
日本郵政グループの郵便事業会社と連携し、お年玉付き年賀はがきを届ける。デザインテンプレートは100種類以上選べ、標準価格は1枚98円(デザインによって異なる)、スポンサーの広告入りテンプレートなら1枚48円。
広告入りテンプレの図案も見てみたいものですが。11月下旬に受付が始まれば分かることでしょうね。

mixiの既存機能を活かしつつ、これまでにないコミュニケーションを実現できるサービスとしては興味深い試み。ただ広告代理店が間に入って持ち込まれた企画というのが少し寂しいかな。

まあ広告収入の増加で収益が右肩上がりのmixiと、郵便事業では赤字の郵便事業会社では交渉における彼我の差は明らかなのでしょうがないでしょうけど。1,500万超のユーザーにリーチできるのはどんな企業からしても魅力ですからね。

数少ないSNSの成功例として、mixiにはぜひ自分たちで新しいサービスを作り出して欲しい希望がありますね。

「ミクシィ年賀状」、試してみましょうかね。

・・・ところで入力した住所なんかのデータはmixiに保存されて来年とかに再利用できるっていうけど、引越しとかで住所が変わった時の対応は大丈夫、だよね?

▼関連記事
mixi、マイミクシィ同士で年賀状が送れる「mixi年賀状」(BB Watch)
「迷わずミクシィに声かけた」日本郵便--新しい年賀の形を目指す(CNET Japan)

« 手塚治虫の単行本デビュー作『新宝島』、オリジナル版で復刊 | ホーム | 年賀状が無料で送れる「tipoca」 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ