ホーム  > 気になるニュース  > 科学  > 直撃でなくてもPCや家電が破壊される「誘導雷」

2008 .09 .16

直撃でなくてもPCや家電が破壊される「誘導雷」

おへそよりも家電が危ない この夏「誘導雷」被害相次ぐ(asahi.com)
直撃ではない落雷で、屋内の電化製品が故障する被害が増えている。電線や通信線などを伝わって屋内に入る「誘導雷」が原因だが、背景には異常電圧に弱いパソコンやインターネット、半導体で制御されている精密な電化製品の家庭への普及がある。
今年は夕立や雷が多かったので雷が近くなるとパソコンを落としてました。デスクトップは電源ケーブルが繋がってるし、有線LANなので過電流が流れて壊れたら大変です。

この過電流、「誘導雷」っていうんですね。
「誘導雷」は、雷の周囲に発生した強力な電磁界の変化に影響され、電線や通信線、ケーブル、アンテナ、アースなどに異常に高い電圧・電流(雷サージ)が発生する現象。落雷の直撃を受けなくても、住宅の電化製品を壊したり誤作動させたりするという。
家の中にいる限り人体への感電は可能性が低そうですけど、電化製品が壊れてしまうと生活に支障が出るので対策できることはしておきたいですね。

すぐに出来ることとしては「雷鳴を聞いたら、電化製品と外部をつなぐ電源や通信線などをすべて抜く」ことが基本のようです。パソコンの電源を落とすだけじゃダメみたいですね。。。雷ガード機能付きのタップを使うのが確実でしょうか。

エレコム 雷ガード機能付ACアダプタすっきりタップ 2P6口 2m(ホワイト) T-AD5K2620WH
エレコム (2008-01-01)
売り上げランキング: 908
おすすめ度の平均: 5.0
5 優れもののタップ


« 売れないから休刊、じゃなくてモデルを変えてけばいい | ホーム | 岸田一郎@ちょいワル、「KISHIDA DAYS」で再始動 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ