ホーム  > 気になるニュース  > 家電リサイクル料金が値下げ(洗濯機除く)

2008 .08 .20

家電リサイクル料金が値下げ(洗濯機除く)

家電リサイクル料金、11月一斉引き下げ 金属の高騰で(asahi.com)
大手電機メーカーは、エアコンなど家電の廃棄に伴って消費者が負担するリサイクル料金を11月から一斉に引き下げる。家電から回収する銅などの金属価格が上昇していることが大きい。
幾ばくかとはいえうれしいニュース。ただし家電リサイクル法で指定されている4品目、アコン、ブラウン管テレビ、冷蔵・冷凍庫、洗濯機のうち洗濯機だけは11月の料金引き下げ対象外とのこと。
洗濯機は「ドラム式」の普及で重量化が進み、輸送コストが上がっているため、対象外とした。
今うちで一番買い換えたい洗濯機は値下げされず。残念。。。

洗濯機以外の値下げを決めたメーカーは、松下電器産業、ダイキン工業、シャープ、東芝、ソニー、三菱電機、三洋電機、日立製作所の8社とのことです。

うーん。洗濯機の次に買い換えたいはテレビだけど、うちのテレビはビクター製。

…ビクターさんも値下げしてくださいー。

で、気になる値下げ幅ですが読売新聞の記事によると各社の値下げ対象品目と引き下げ幅は一律とのこと。
各社の値下げ対象品目と引き下げ幅は同じ。現行2835円のブラウン管テレビは15型以下が1785円に、同4830円の冷蔵庫は170リットル以下が3780円に、それぞれ1050円引き下げられる。同3150円のルームエアコンは2625円となる。
ブラウン管テレビで1,050円。まあ安くなる分にはありがたいですね。

でもリサイクルの処理能力とかがメーカ各社で同じということはないだろうから各社横並びの価格はやめて欲しいかな。がんばってくれてるのかも知れないんだけど。

業界の申し合わせって感じがしてあまり気持ちよく受け止められないですねぇ。

▼参考記事
大手家電各社 リサイクル料金を値下げ(MSN産経ニュース)

« それでも今年のお盆は渋滞が減っていたとのこと | ホーム | 「第1世代 iPod nano バッテリー問題」についての問い合わせ先 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ