ホーム  > 小ネタ  > 便利ツール  > OSが入った状態でもパーテーションが切れる「EASEUS Partition Manager」

2008 .07 .13

OSが入った状態でもパーテーションが切れる「EASEUS Partition Manager」

GUIでパーティションを編集できるフリーソフト「EASEUS Partition Manager」(窓の杜)
「EASEUS Partition Manager Personal Edition」は、Windows上からGUIで自在にパーティションを編集できるソフト。Windows 2000/XPに対応するフリーソフトで、家庭内でのみ無償で利用可能。作者のWebサイトからダウンロードできる。
すばらしい。こういうのが欲しかった。

昔からの癖ってのもあるんだけど、HDDにCドライブしかないとパーテーションを切らないといささか不安になります。
流体軸受けのような最近のHDDでトラブったことはないんだけど、それでもWindowsはいつ壊れるか分からないもの。

Windowsが入っているCドライブ以外にアプリのデータを収納するドライブを作っておけば万一OSが壊れても外付けHDDからデータの回収ができるからね。

今まではKNOPPIXを使ってパーテーションを切ってたんだけど一度Windowsを破壊してしまったことがあってそれ以来パーテーションを切るのは断念してました。
OSがインストールされたパーティションの編集も可能。作成したパーティションはNTFS/FATでフォーマットできるほか、ドライブレターを割り当てることも可能。
まさにこの機能が欲しかった。OSが入ってる状態でパーテーションを切った場合のみ再起動が必要になるとのことなんだけど、そのくらいなら全然問題ないよね。
個人で使う分には無料というのも嬉しい。

最近出番がないThinkPad X24にはWindowsXPが入ったままなので「EASEUS Partition Manager」を使ってパーテーションを切ってみよう。

使用感はまたエントリーにしてみましょうかね。

▼参考リンク
FREE EASEUS Partition Manager
KNOPPIX Japanese edition

« 自分の居場所から近くの書店在庫を検索できる「hon.jp」 | ホーム | ライブドアが「ぽすれん」をゲオに売却 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ