ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 船場吉兆が廃業

2008 .05 .29

船場吉兆が廃業

船場吉兆:再建断念し廃業 「使い回し」で売り上げ半減(毎日jp)
牛肉産地偽装事件で大阪府警が捜査している料亭「船場吉兆」(大阪市中央区、民事再生手続き中)は28日、再建を断念し廃業すると発表した。
記者会見の冒頭で湯木社長は「本日、断腸の思いで廃業します」と述べたそうです。
断腸の思い(Weblio 辞書)

〈連〉 はらわたがちぎれるほどつらい思い.
う~ん。「断腸の思い」をしたのは船場吉兆に通っていたお客さんなんじゃないかな。

船場吉兆には行ったことがないし、この女将に会ったこともないのでニュースで報じられた事しか知らないんだけど、やっぱこのひと言葉遣いがおかしい。

というか、船場吉兆の看板を下ろすことに対する「断腸の思い」であって、お客さんの期待に応えてこなかったことが看板を下ろす原因だってことに発言の趣旨が向いてないと思える。

お客さんあっての商いなのに、なんでお客さんを見ないんだろう。
それが不思議でならない。

▼関連記事
船場吉兆:廃業 老舗の誇り失い 女将「断腸の思い」/市民「当然」(毎日jp)
船場吉兆が廃業 「のれんで営業、社会的に許されない」(asahi.com)
救い難い船場吉兆、廃業日に新たな使い回し公表(スポニチ)

« トヨタの敵はトヨタ | ホーム | 「ヤンサン」休刊 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ