ホーム  > オンライン書店・本屋 , 小ネタ  > 山岡と海原雄山が和解とのこと

2008 .05 .15

山岡と海原雄山が和解とのこと

士郎と海原雄山、ついに和解 「美味しんぼ」25年で(asahi.com)
12日発売の同誌で、父子は静かに向かい合ってワイングラスを傾け、長年の確執をといた。
この話題がasahi.comの記事になるのか。。。

連載完結と勘違いして、それならと何年かぶりに見たけど絵柄がずいぶん変わってて驚いた。まあ「美味しんぼ」を雑誌で見てたのもまだ山岡と栗田さんが独身の頃だったしね。

まとめに入ってたからだろうけど話しの展開が慌しいし、絵(特に人物の表情)に力が感じられなくて、「親子の確執、ついに和解」とかって感じに見えなかったなぁ。意図的に淡々と描いたのかも知れないけど。

ところで「美味しんぼ」のコミックをアマゾンで見ると大きいサイズの表紙画像がないんですね。「20世紀少年」とか「都立水商!」とかも大きい表紙画像がない。「鉄腕バーディー」はあるのに。「NARUTO」(集英社)もあるね。「トッキュー!!」(講談社)はない。あ、ちなみに挙げたコミックは覚えてただけで見てるわけじゃないです。あんまりコミック詳しくないので。。。

なんだろ。出版社とかコミック雑誌ごとに制限かけてるわけじゃなさそうなので作者の意向なのかな。だとしたらもったいないなぁ。

アマゾン(というかネット書店)の販売力とお客さんとの接触機会は無視できないと思うんだけど、どこまで買ったんだっけなーとかこれ持ってたっけ? ってときに表紙を覚えてるかどうかは重要だと思うんですよ。240px程度のちっこい画像じゃよく分かんないんですよね。

なのでどんな意図(二次転載を防ぎたい?)が作者さんにあるのかは分からないけど大きい画像も表示できるように許可したほうがいいです。アマゾンが大きい画像データを持ってないわけがないってことを前提にしてるけど。


« iモード公式サイトの入札制とGoogleモバイル検索のクローラー情報公開 | ホーム | 5月18日は不発弾処理につき »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

アーカイブ