ホーム  > オンライン書店・本屋  > 本や出版のこと  > 故石ノ森章太郎さん「最多出版」でギネス認定

2008 .02 .14

故石ノ森章太郎さん「最多出版」でギネス認定

故石ノ森章太郎さん「最多出版」でギネス(nikkansports.com)
日本発の漫画やアニメが続々と世界進出を果たす中、そのルーツともいえる漫画家、故石ノ森章太郎さんの全集が「1人の著者によって描かれた最も多いコミック(漫画)の出版記録」として、ギネスブックに登録されたことが23日、分かった。全集は500冊、770作品という膨大な量で、3年がかりで今なお刊行中。
石ノ森萬画館今日は地元ネタ続き。石ノ森章太郎さんは正確には同じ地元じゃないんだけどまあいいや。

ギネスに認定されたのは「石ノ森章太郎萬画大全集」。2006年2月から3カ月に約40冊ずつ刊行されている壮大な全集。

あの手塚治虫全集ですら全400巻・476作品

講談社 手塚治虫漫画全集(Amazon.co.jp)
講談社 手塚治虫漫画全集(ビーケーワン)

もちろんそれぞれ全集に含まれない未収録作品があったり、そもそも数が多けりゃいいのかってことではないんだけど、後世に多くの影響を与えたこれだけの数の良質な作品を生み出す個人の努力と才能もすばらしいし、根気強く刊行し続ける出版社にも頭が下がります。

とは言え「規模の大きさもギネス認定の対象」だったんですね。。。
12万8000にのぼる総ページ数も含め、規模の大きさが認定の対象になった。本棚に収納すると畳2畳分のスペース、12期分で61万7400円と破格の値段もギネス級。
まあね、量だけじゃないですから。「known as “The King of Manga”」(漫画界のキングとして知られる)として認定証で賞賛しているとのことです。

この記事で知ったんですけど今年は石ノ森章太郎さんの生誕70周年なんですね。しかも今月。
25日に生誕70年を迎える石ノ森さん。没後10年をしのぶ会が行われる今年4月に、ギネス登録証がお披露目される。
すばらしいタイミング。

地元でもいろんなイベントが開かれるから賑わうといいなぁ。

▼関連記事
宮城県出身の「萬画家」・故石ノ森章太郎さんの作品全集がギネスに(仙台経済新聞)

▼参考リンク
石ノ森萬画館
石ノ森章太郎ふるさと記念館
石ノ森萬画館最新情報 MANGATTAN NEWS
#おぉ TypePad だ。

石ノ森章太郎萬画大全集(Amazon.co.jp)
石ノ森章太郎萬画大全集(ビーケーワン)

« 食材王国 みやぎ物産展 | ホーム | 「しょこたん☆ブログ」が完全移籍 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ