ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 「日本製紙クリネックススタジアム宮城」⇒「クリネックススタジアム宮城」

2008 .02 .14

「日本製紙クリネックススタジアム宮城」⇒「クリネックススタジアム宮城」

日本製紙は外すが「Kスタ宮城」は維持(nikkansports.com)
「日本製紙クリネックススタジアム宮城(Kスタ宮城)」となっている楽天の本拠地、県営宮城球場(仙台市)の命名権契約を結んだ日本製紙が古紙配合率を偽装、宮城県が契約を解除すべきか検討していた問題で、村井嘉浩知事は4日の定例記者会見で「命名権契約を解除する段階ではない」と契約維持の方針を表明した。
宮城県/教育庁スポーツ健康課/スポーツ施設/宮城野原公園総合運動場トップページ地元ネタなので反応。社名の「日本製紙」を削除して「クリネックススタジアム宮城」とすることで落ち着いたもよう。
まあ個人的には他の企業に代わるより地元に縁の企業のほうがいいなと思うのでよかったけど。

たぶんティッシュペーパーのクリネックスってブランドの認知はかなり高いと思うんだけど、じゃあ日本製紙ってメーカー名もあわせて認知されてるかと言えばそうじゃないと思うので「クリネックススタジアム宮城」でいいんじゃないでしょうか。

もちろんメーカー名もあわせて認知させたいって思惑もあったと思いますけどね。それはおいおいにしてもらえると嬉しいかな。

ぶっちゃけ県名があるだけのほうが親近感がわくです。
3年契約で、県に入る1年当たりの売却収入は約6300万円。また、日本製紙は県内に2つの主力工場を抱えている。これらの事情も契約維持の判断に影響したとみられる。
オトナの事情も分かりますけどね。。。。

▼関連記事
日本製紙、宮城県に陳謝・県営球場命名で社名外す(NIKKEI NET)

▼関連エントリー
「フルキャストスタジアム」改め、「クリネックススタジアム宮城」

« 「しょこたん☆ブログ」がエキサイトにも開設 | ホーム | 食材王国 みやぎ物産展 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ