ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > 学習院大の「ピラミッド校舎」取り壊しへ

2008 .01 .06

学習院大の「ピラミッド校舎」取り壊しへ

ウルトラセブンに登場の「ピラミッド」、さようなら(asahi.com)
学習院大(東京都豊島区)のシンボルで、人気テレビ番組のウルトラセブンにも登場したこともある通称「ピラミッド校舎」が今月、老朽化などに伴って取り壊されることになった。同大は解体を前に12、13の両日に見学会を開き、内部を一般公開する。
たしかにウルトラセブンで見た記憶があるなぁ。

ものすごくハイカラな建物だけど完成したのは1960年とのこと。
内部は約700人を収容できる教室で、映写室も備える。しかし築後47年を経て耐震、防水工事などに多額の費用がかかるうえ、暖房設備もないなど授業に不向きだとして解体が決まった。
冷暖房がないとなると実用的には厳しいですね。

ぼくは学習院のひとではないので正式名称が「中央教室」だというのは知りませんでした。意外とフツーなんですね。
3月ごろまでかけて解体し、跡地には地下1階、地上11階建ての「中央教育研究棟」(仮称)を夏にも着工する。法科大学院の教員研究室や演習室、外国語教育研究センターなどが入る予定。ピラ校の外観を受け継ぐ「ピラミッド広場」も設ける計画だ。
新築される校舎はピラミッド型ではないようですね。

歴史的建造物ということで取り壊し前の1月12日、13日とで一般に公開されるそうです。
見学会は12日が午後0時半~同3時半、13日が午前9時半~午後3時半。事前申し込みは不要。13日午前11時と午後2時には、ウルトラセブン第29話を監督した円谷プロダクション顧問の満田●(かずほ)さん(70)を招き、第29話の上映会とトークショーをピラ校の内部で行う。入場無料。
連休ということで大勢のひとが訪れそうですね。

« 六本木の駄菓子バー「レトロポリタン」 | ホーム | ガガガDXの「にんげんっていいな」が10万ダウンロードのヒット »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ