ホーム  > 気になるニュース  > インターネット  > ヤフーが個人向け広告配信を開始

2007 .12 .14

ヤフーが個人向け広告配信を開始

ヤフーが個人ブログ含む外部サイトに広告配信開始、“ヤフー版AdSense”も(INTERNET Watch)
ヤフーは13日、個人のブログを含めたWebサイトに広告を配信する「アドパートナー」を開始した。サイト運営者は、広告の閲覧数などに応じてヤフーから報酬を得られる。広告を掲載できるサイトとYahoo! JAPAN IDを持つユーザーは、ヤフーの審査に通過すれば無料で利用できる。
ついにヤフージャパンが個人サイトに対しての広告提供を開始したとのこと。

表示パターンは大きく2つに大別でき、Webサイトの内容に適した「ディスプレイ広告」とコンテンツ連動型の「テキスト広告」をラインナップ。

「ディスプレイ広告」では2007年にヤフーが進めてきた「行動ターゲティング」を実装。サイト訪問者がこれまでに利用してきたヤフーのサービスをもとに、関心に沿った広告を表示する機能となっています。

「テキスト広告」はサイト内の掲載内容に関連性の高い広告を表示する、ヤフー版AdSense とも言える機能。さらに検索エンジン経由の訪問者の場合、その検索キーワードに合った広告も表示できるそうです。

こうしたニュースを受けて Google AdSense、amazonアソシエイトに次ぐ収入源になるのではないか? と期待してる人も多いかも知れません。
サイト運営者への報酬は、広告閲覧数、クリック数、コンバージョン数に応じて発生するが、ディスプレイ広告では「1,000回表示されて数十円程度」(ヤフー)。報酬は、Yahoo!ポイントで受け取る場合は1ポイントから、オンライン決済代行サービス「Yahoo!ウォレット」では1,000円から受け取れる。ただし、Yahoo!ウォレット利用時は、振込手数料210円が発生する。
「Yahoo!ポイント」で支払うってのはなるほど~って感じですね。あまり使わないけど。まあうちのトラフィックなんて微々たるものなので支払い対象にすらなりませんけどね。

豊富なコンテンツを軸にポータルサイトとして成長してきたヤフーならでは、と思ったのが「広告閲覧数」。インプレッション(表示回数)ですよね。個人サイト側としてはクリック課金よりもハードルが低いのでありがたいですけど、広告主としてはどうだろう。

莫大なトラフィックを持つ個人ブログとかWebサイトなんてそんなにないのでインプレッションで広告料が見合うのか? とも思います。だからこそ「運営者に支払われる広告料は「最初は安い広告費で広告主に提供しているため、1000ページビューで数十円」(ヤフー)」と説明してるんでしょうね。

個人向けプラットフォームでは後発のヤフーがどういった機能を提供していくのか、特に行動ターゲティングに興味があるので申し込んでみたのでこのエントリーのページ下部にテストバナーが表示されると思います。

しかしこの「アドパートナー」、自前のブログサービス「Yahoo!ブログ」には今のところ対応していないそうです。Yahoo!ブログユーザーにはちょっと残念ですね。

▼関連記事
ヤフー、行動ターゲティング広告配信システムを個人サイトに提供(CNET Japan)

▼参考リンク
アドパートナー(Yahoo!ウェブオーナーセンター)

[2008/02/15 追記]
2007/12/19にアドパートナーの審査に合格したというメールが来た。
[Yahoo!ウェブオーナーセンター] アドパートナー/審査結果のお知らせ

お客様のサイトを審査させていただいた結果、対象範囲が審査基準を満たしていましたので合格と判定いたしました。
とりあえず審査に通るのかどうかが目的だったのでその後広告を張ることなく放置してたら2008/02/15に違反があったので広告配信を停止しました、ってメールが来た。
Yahoo!ウェブオーナーセンター] アドパートナーからのお知らせ

Yahoo!ウェブオーナーセンター アドパートナーをご利用いただきありがとうございます。

Yahoo!ウェブオーナーセンターでは、アドパートナーに登録いただいているサイトがアドパートナーの参加基準を満たしているかどうかを定期的に確認しています。

お客様のサイトに違反が確認されましたので広告の配信を停止させていただきました。
ご確認のうえ、サイトを修正し、再審査依頼をしていただきますようお願いいたします。

また、違反回数が規定数を超えた場合、サイトへの広告の配信を停止させていただきますのでご了承ください。
なにもしてないよ。何でやねん。。。

管理メニューを見てみると、
配信停止理由

サイトに以下のような表現があると考えられます。該当内容を修正後、再審査依頼をしてください。
広告の掲載に不適切な構成、および形式のもの(例えば、モバイル向けや認証が必要なウェブページなど)
わけ分からん。。。ページの構成なんて変えてないですがな。

たまたまアクセスログを見てたら2月15日に [ http://review.webowner.yahoo.co.jp/patrol/index.php ] ってリファラーから短時間にアクセスがあったのでこれが「定期的な確認」だったんでしょうね。

思い当たるふしはないしなあ。まあ「アドパートナー」は止め、でしょうかね。

« 今年の漢字は「偽」 | ホーム | J・K・ローリングの手書き本、落札者は amazon.com »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ