ホーム  > 気になるニュース  > 楽天  > 「楽天タワー」お披露目見学会

2007 .10 .13

「楽天タワー」お披露目見学会

楽天が新社屋「楽天タワー」お披露目、無料化した「楽天食堂」など(INTERNET Watch)
楽天は11日、東京都品川区に開設した新社屋「楽天タワー」の見学会を開催した。楽天タワーは23階建てのビル1棟を同社が借り切ったもので、延べ床面積は9,285.85坪(30,696.41平方メートル)、9月末現在で約2,500人の従業員が在籍する。六本木ヒルズには、引き続き楽天市場と楽天証券の業務に携わる社員が在籍するが、その他の事業部は楽天タワーに移転している。
このニュース、だいぶ話題になってますね。PRの目的もかなり果たせてると思います。

ネットな人たちの反応は無料の「楽天食堂」に集まってるようです。
13階は「楽天食堂」という名称のカフェテリア。楽天タワーで働く人であれば、社員だけでなく派遣社員、アルバイト、警備員でも朝食および昼食は、ステーキや寿司など特別メニューを除いて全品無料となっている。朝食は7時半から9時、昼食は11時半から14時、夕食は18時から21時半まで営業している。
わざわざ「Googleの食堂より100倍おいしい」とまでは言わなくてもいいんじゃないかと思いますけど。

まあ「同じ釜の飯を食べることでオフィスを自分の家のように感じてもらいたい」と三木谷さんが語ってるように基本的に体育会系の社風が強いようですね。

すこし気になったのが社食の座席数。480席だそうです。楽天タワーには2,500人からいるそうなので席がぜんぜん足りないような気がするんですが。。。

無料のカフェテリアやビジネススクール、フィットネスジム、サウナなど施設として目新しいものではないですが本格的に導入している国内企業は例がないんじゃないでしょうか。楽天の取り組みがほかの企業にも波及するといいですね。

▼関連記事
食堂無料 「楽天タワー」で社員の“自走”に期待する三木谷社長(ITmedia News)
Ziddyちゃんの「私を社食に連れてって」:グーグル 東京オフィス編:スペシャル(ZDNet Japan)
世界中の技術者が憧れる、Google本社の豪華ランチを食べてみた!!(ASCII24)

▼関連エントリー
楽天が六本木ヒルズから「楽天タワー」へ移転
「楽天タワー 」でGoogle3位

成功のコンセプト
成功のコンセプト
posted with amazlet on 07.10.13
三木谷 浩史
幻冬舎 (2007/10)
売り上げランキング: 39

« Yahoo!メールで16万ユーザー、1,300万通のメール消失 | ホーム | 『「売れ残った本」半額に』しても売れると思わない »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ