ホーム  > 気になるニュース  > 経済・社会  > ANAのマイル交換がおトクに改訂

2007 .10 .02

ANAのマイル交換がおトクに改訂

マイル交換、近距離はお得 全日空、国内線の制度改訂(asahi.com)
全日本空輸は来年4月からマイレージ制度を変更し、今はどの路線でも1万5000マイル必要な国内線搭乗券との交換マイル数を、利用者が希望する路線の距離や搭乗時期によって差をつける。97年の制度導入後初めての変更で、全日空の現行制度とほぼ同じ条件で交換している日本航空と差別化し、顧客の囲い込みを狙う。
マイル、Edyやクレジットカードを使った買い物でもたまったりするのであの手この手でためてる人もいますね。ぼくは集めていないんですけど。

海外旅行の時にまとめて使うのもいいけど、そんなにカンタンにたまるものでもないので国内線で手軽にマイルを使えるようになる、というのはいいですね。

JALに差をつけるための改訂、ってことですけどまあ追随してくるんでしょう。

ZAKZAKの↓記事が詳細で参考になります。
航空系カードで得する方法…マイル破格の還元率(ZAKZAK 2007/09/25)
そこで目をつけたのが、クレジットカード機能付きの国内航空会社系カード。条件によって還元率は異なるが、100円=1マイルで計算すると月々10万円の決済で年間1万2000マイルがたまる。
この記事読むと、ためようってあるもんだなぁと感心します。

マイルがたまる!―チャート式最強ガイド (朝日文庫 あ 41-1)
ANA&JALマイレージ研究会
朝日新聞社出版局 (2007/07)
売り上げランキング: 5886

« goo、ブログ製本サービスを開始 | ホーム | 「Amazon文学賞」応募開始 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ