ホーム  > 気になるニュース  > 楽天  > 楽天、システム開発拠点を国内主要5都市に構築

2007 .07 .22

楽天、システム開発拠点を国内主要5都市に構築

楽天、システム開発拠点を国内主要5都市に構築(CNET Japan)
楽天は7月19日、事業の開発拠点を国内主要5都市に分散すると発表した。開発生産能力を増強し、多様化する開発ニーズに対応するため。第一拠点として宮城県仙台市に開発体制を構築する。
「国内主要5都市」ってのは会社情報に支社として記載されている大阪、仙台、福岡、札幌、名古屋のことなんでしょうね。その5都市の中から地方開発拠点構築の第一弾は仙台、と。

まあ集客の目玉である楽天イーグルスの本拠地でもあり、力を入れていくには妥当でしょうね。

仙台に設置されるという開発拠点は「東北テックセンター」と命名されるようです。
東北テックセンターでは、これまでシステム開発を担当してきた関連会社のカサレアルとともに地元の直接雇用や地元企業との提携による開発体制を構築。
どこまでやるかできるかはまだ分からないけど、「地元の雇用創出」ってのには期待したいなぁ<地元

できれば仙台だけじゃなくて、その周辺都市にも楽天の雇用効果が及ぶといいなぁ。

なんといっても宮城県だけじゃなくて、東北六県の中でも仙台一極集中なので。ほかの街は閑散としたもんですよ…

この間帰省して感じたのは、地元(宮城県)は結構、いや意外なほどイーグルスを応援してるんですよ。まあ「楽天」というよりは「イーグルス」なわけだけど。

例の株買占めでよろしくない仲になりつつあるTBS系列局のTBC(東北放送)ってテレビ局があるんですが、実家でニュースとか天気予報とか見てたら「イーグルスの試合までには天気も回復しそうです」とか「今日の試合、まだ若干残席があるそうです!」とか、なんか応援しようモードを感じたんですよね。

地元に野球を呼んでくれた楽天。楽天にもいろんな思惑があるんだろうけど、東京で働く一宮城県人としてはなんかうれしくなったわけですよ。

観光と消費だけでなく雇用までももたらしてくれたら…
それが仙台だけでなく、宮城県、ひいては東北圏にも広がってくれたら…

そんな期待を少し感じたニュースでした。

▼関連記事
楽天、開発拠点を国内5都市に 仙台に第1弾(ITmedia News)

« 本の物々交換サービス、Bibuly(ビブリー)がベータ版開始 | ホーム | 楽天、都民銀行と協業により「楽天バンク」開設 »


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(コメントは承認後に公開されます。しばしお待ちください。)

この他のエントリー

アーカイブ